リバウンドする原因


せっかく、頑張ってダイエットしたのにリバウンドしたらそのショックは計り知れないものが
あります。

今回は、リバウンドの原因について探ってみました。


原因その1

食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、
ある時期になると体重が中々減らなくなります。これを、停滞期と言います。

この原因はホメオスタシスという体の機能にあります。

ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能です。
ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、
それ以上体重が減らなくなるのです。

そして、途中でダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けます。
ですから食事の量を元に戻したとしても、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されます。

つまり、リバウンドしない為にはホメオスタシスを働かせないようにすれば良いのです。

また、ホメオスタシスは、1ヶ月に5%以上体重が減少すると最大限に働く仕組みになっています。
だから、短期間で急激なダイエットはあまり意味がありません!!

原因その2

ダイエットをしていると、満腹感に変化が生じ、レプチンの分泌量が減っていきます。
レプチンとは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

そして、ダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、
これが適正量にセットされる為には、約1ヶ月の時間がかかるのです。

だから、途中で食事の量を元に戻すと満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

そこで、リバウンドしない為には、レプチンを上手くコントロールする必要があります。

その為には、

規則正しい生活をする

食事をきちんと取る

カラダを動かす等してリラックスを心がける
      です。


減少した体重は1ヶ月間維持すれば、レプチンの分泌量も減った状態を維持できます。

つまり、停滞期に入っても1ヶ月間はダイエットを諦めずに続ければ、
リバウンドは防止できると言うことです。
posted by 向井ローラ at 23:09 | Comment(0) | 太る原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気をつけよう!!太る食べ方


ダイエットする人にとって、気をつけて欲しい食べ方をまとめてみました。
参考になれば、幸いです。

□  炭水化物類(ご飯や麺類など)から先に食べてしまう

食事の最初に炭水化物を大量に摂取するような方は太りやすくなります。

始めにの炭水化物を食べると血糖値が上がりやすく、脂肪になりやすいからです。

また、人が食べ物を口にしてからその食べ物が胃に到達すると、
真っ先に体内に吸収されていくのは炭水化物ですぐにエネルギーに変化するという事を意味します。

その為、食物繊維が多く含まれる野菜などから先に食べる事をおすすめします。

先に入った野菜に含まれる食物繊維の働きで、炭水化物の吸収が遅れ、食後、血糖が高くなるのを
抑えられるからです。


untitled.bmp


□ 食事中に多く水を取る

なぜ食事中に水を取ると太るのかというと、血糖値が一気に高くなるからです。

血糖値が上昇=太りやすくなるということです。

また、水を飲むことで、消化に必要な胃酸が薄まってしまい、

満腹感を得るためにも重要な咀嚼(そしゃく)回数が減ってしまうので

代謝が滞る事や、咀嚼回数が減る事も肥満の原因に繋がってきます。



□ ながら食いをする

楽しい話を聞きながら食事をとった人の摂取カロリーは他の人と比べて約60kcalも増えます。

満腹中枢におなかいっぱいのサインが出ても、それに気が付かず、無意識のうちに

ついつい食べ過ぎてしまうのが原因のようです。


□ 食事の回数を減らす

食事を抜くと、体は「飢餓状態」になり、『次はいつ食べられるかわからないため脂肪にしちゃおう!』
と考えます。

飢餓状態を頻繁に作り出すと、体は脂肪をため込もうとして太りやすくなるのです。

一般に食事の回数が多いほど肥満度が小さく、食事の回数が少ないほど肥満度が高いと言われています。

一度にたくさん食べるとまとめ食いになり、
なおかつ活動量の少ない夜に過剰なエネルギーを取り入れると、それはすべて脂肪に変わります。

夜、食べるならば、朝に沢山食べる方が良いでしょう。


□ 早食い

「満腹になった」という信号が脳に届く時間には個人差があって、
太りやすい人は信号が届くまでに普通より長い時間がかかります。

だから、早く食べる人はより多く食べてしまいがちになるのです。

また、早食いはインスリン濃度を急激に上げます。早食いにより急激に得た糖分の一部は、
量が多ければ脂肪になります。

早食いをすると一気に血糖値が急上昇する為、その余剰分を体が脂肪として蓄えようとします。


□ 食べる時、あまり噛まない。

よく噛んで食べると代謝を増やす効果があります。

代謝が上がれば痩せやすくなります。

食事をする際、噛むことによって視床下部後部というところからヒスタミンという物質が分泌されます 。
ヒスタミンは食欲を抑制します。
posted by 向井ローラ at 22:21 | Comment(0) | 太る原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 食べたら、太る 」この罪悪感が太る原因に!!




あなたは、食べる事に罪悪感を持っていませんか??


18歳〜86歳の300人の方がチョコレートケーキを食べさせて
540日間の体重の増減とともに、チョコレートケーキを食べたことを“罪”として捉えるか、
“ご褒美”として捉えるかの調査をしました。


この結果、罪悪感を持った方が、そうでない人に比べ体重が増加傾向にありました。


つまり、甘い物を食べて罪悪感を抱くタイプの人は、ダイエットに失敗したとして早々に
ギブアップしてしまい、体重増加を招く事になってしまったのです。


さらに、摂食障害を持つ人は食べることに対し恥や罪の意識を抱く傾向が強いことからも、
自分を楽しませながら食事をすることが大事だということです。


これを食べたら太る、とかネガティブに考えながら食べると、
脳が余分なものも溜め込もうとしてしまいますし、
逆に美味しいと思いながら食べると、量をたくさん食べなくても脳が満足しますので
栄養の吸収率も違うのです。


食べることを楽しめるのは幸せである証拠で、自粛している食べ物でもお祝いや
ご褒美と称して楽しめるくらいの人の方が、上手に体重管理ができるようです。


少し食べ過ぎたからといって、それがすべて脂肪に変わることはありません。
体重は一時的に増えるかもしれませんが、それがすべて脂肪と言うわけではありません。


一時的に増えた体重は、同じような食べ過ぎを続けない限り、少しずつまた元に戻ります。
1食くらい食べ過ぎても、急に太るなんとことはありません。
次の食事を少し控えめにするなどするなどして、
1日のトータルで考えればいいわけです。


せっかくのイベントをダイエットで頭をいっぱいにするよりも、
「おいしく味わって、楽しく!」きちんと満足感を得て、食欲をコントロールすることが大事です。

そして、軽い運動をプラスすればさらに良いでしょう!!
posted by 向井ローラ at 18:25 | Comment(0) | 太る原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。