リバウンドする原因


せっかく、頑張ってダイエットしたのにリバウンドしたらそのショックは計り知れないものが
あります。

今回は、リバウンドの原因について探ってみました。


原因その1

食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、
ある時期になると体重が中々減らなくなります。これを、停滞期と言います。

この原因はホメオスタシスという体の機能にあります。

ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能です。
ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、
それ以上体重が減らなくなるのです。

そして、途中でダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けます。
ですから食事の量を元に戻したとしても、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されます。

つまり、リバウンドしない為にはホメオスタシスを働かせないようにすれば良いのです。

また、ホメオスタシスは、1ヶ月に5%以上体重が減少すると最大限に働く仕組みになっています。
だから、短期間で急激なダイエットはあまり意味がありません!!

原因その2

ダイエットをしていると、満腹感に変化が生じ、レプチンの分泌量が減っていきます。
レプチンとは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

そして、ダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、
これが適正量にセットされる為には、約1ヶ月の時間がかかるのです。

だから、途中で食事の量を元に戻すと満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

そこで、リバウンドしない為には、レプチンを上手くコントロールする必要があります。

その為には、

規則正しい生活をする

食事をきちんと取る

カラダを動かす等してリラックスを心がける
      です。


減少した体重は1ヶ月間維持すれば、レプチンの分泌量も減った状態を維持できます。

つまり、停滞期に入っても1ヶ月間はダイエットを諦めずに続ければ、
リバウンドは防止できると言うことです。
posted by 向井ローラ at 23:09 | Comment(0) | 太る原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。